純米酒+和食=癒し!?

二人のプロが癒し空間を提供する割烹料理店

割烹料理店 酒膳さめしま [南品川]

 

大井町駅から徒歩7分程度

住宅街にひっそりと佇む 酒膳さめしまhttps://shuzen-sameshima.com/

今回は、ご夫婦でこちらを切り盛りする鮫島さんご夫婦に取材に協力いただきました。

料理担当のご主人と日本酒担当の女将。

ご夫婦の息の合った料理と日本酒は、まさに癒しのひと時へと導いてくれます。

さて、その理由とは・・・。

 酒膳さめしまが開店するきっかけ

まずはお二人のご紹介

料理を担当は「鮫島大志(以下大将)」さん

鹿児島県出身で身内が養豚場や飲食店を経営されている環境だったことから、自然と料理の世界に進んだという。親戚が銀座に店をオープンするということで上京する。

日本酒を担当しお客様をもてなす女将「鮫島智世(以下女将)」さん

日本酒がお酒の中でも一番好きというほどの日本酒好き。

それがきっかけとなり日本酒専門店で勤務をし、唎酒(ききざけ)師の資格まで取得。

 

そんなお二人が2017年5月に開店したのが、酒膳さめしま

大将はもともと日本酒には興味がなかったとのことだが、女将の影響を受け、日本酒にはまっていったという。また、料理に合わせることができる日本酒を選定できることを知り、日本酒に合う料理作りを研究・追及する。


それが今の酒膳さめしまの形となっている。

 酒膳さめしまの特徴

料理は常に一球入魂。

常連客からは、「すべてがメインだよね!」とお声をいただくくらいである。

また、和食は調味料の割合が昔からの割合があったりするが、順序やその比率を自分なりに見直すことにより、より日本酒と合う料理を提供している。

例をあげると、さめしまでは「刺身に醤油は提供をしない!」

刺身自体の味と少しの味付けでより一層の風味が増すそうだ。

日本酒は、女将が担当。

常時40種類程度の純米酒を用意。

定番もあれば、その時の料理に合わせた純米酒も用意しているとのこと。

おすすめは、「女将のおまかせ酒コース」

お客様の好みと料理に合わせて、女将がベストのタイミングでお酒をサーブしてくれるとのこと。

御一人様も大歓迎!

店内はカウンター席(4席)と奥に4人掛けテーブル席がある。

仕事帰りに一人でゆったりとした空間を好まれる方は是非お立ち寄りいただければと思います。

そんな方々へ少しでも癒しを提供するために、大将と女将で日々料理と日本酒の勉強をしております。

 

取材後記

今回、大将と女将に同時にお話しを聞きましたが、すごくいきがあっており、お互いへの思いやりを感じました。どちらかが主張するわけではなく、お互いのいいところを合わせることで、料理の可能性を広げている印象です。


例えれば、1+1が2ではなく、3にも4にもなるような無限大な可能性を感じました。

*つたない表現でごめんなさい。


また、大将の創意工夫されたお料理。

*お刺身にお醤油を出さないとはどういったことか(笑)


女将の日本酒(純米酒)に対するこだわりと信念。

*ここでは書ききれないほどに、日本酒に対する愛情を語っていただきました。


このお二人のペアだからこそ生まれる独特な落ち着いた空間。

是非、一度味わっていただきたいです。


【お問い合わせ】

酒膳さめしま

東京都品川区南品川5-14-12 1F

TEL:03-6718-4437

HP:https://shuzen-sameshima.com/

 @end