矢口渡駅からすぐの場所に、お店のロゴカラーである赤がパッと目を引くパン屋さん「Bread Salon Lisa(ブレッドサロンリサ)」がオープンしました。

 


オーナーはキュートな雰囲気のLisaさんで、パン好きが興じて、パン作りを学び、大手パン教室や個人でパン教室をしていたそうです。お店は木曜〜土曜の基本3日間のみパンの販売していて、そのほかの曜日では、現状も踏まえながら少人数制でパン教室をやっていく予定とのことでした(毎月第一日曜はスペシャルデー)。

 

店に入るとパンを作っている様子が見えます

 

Lisaさんのパン作りは、まずは自分が本当に納得のいく材料を使うことから始まります。小麦粉は北海道産産の‘キタノカオリ’だったり、パン酵母も色々なものを試してこれぞというものにたどり着きました。どのパンも研究熱心なLisaさんがそのパンに最適な材料で作り上げています。

 

パンは、木曜はあんマーブルDAY、金曜はカンパーニュDAY、土曜は食パンDAYと日替わりで、そのときどきの楽しみがあります。毎月第一日曜のスペシャルデーでは、全てのパンが250円均一になります! 予約をしておくと確実に購入することができますよ。

 

スペシャルデーに購入したパン。手前から時計周りに、カレーパン、ゴロゴロベーコン、大納言スティック、ほうれん草とチーズのねじりパン

 

パンひとつひとつを愛おしむようにパン作りをしているLisaさんに、いつもどんな思いでパン作りをしているのか聞いてみました。

赤がとっても似合う店主のリサさん

 

すると、「パンって、ストーリーのある食べ物だと思うんです。このパンを口にしている瞬間、その方が笑顔だったらうれしいなって。また、誰かとシェアして食べているのであれば、その場が幸せな空気で満たされていたらって願っています。また、お友達に贈って喜ばれただとか、こういう食べ方をしたらおいしかったなどのお話を聞くのもとってもうれしくて。パンから始まるストーリは無限で、そのひとつひとつのストーリに私もちょっといることに喜びを感じています」と話してくれました。

 

 

厳選した材料を使い、Lisaさんの愛情がたっぷりと詰まったパン。

是非一度お店に足を運んで味わってみてはいかがでしょうか。

 

紙袋もかわいく、手土産にもぴったり!

 

(取材:大曽根桃子)

 

住所:Bread Salon Lisa

営業:10:00〜17:00(売り切れ次第終了)

住所:大田区多摩川1丁目7-14  飯山ビル1F