新型コロナウイルス感染拡大の影響で、女性特有のがん患者の4人に1人が「現在治療中のがん以外の部位のがん検診を自己判断で延期している」ことが、支援団体の調査で明らかになった。感染への不安から自主的に

続きをオリジナルサイトで見る