外出を控え、家で過ごす人が増えた影響で、自治体が悲鳴をあげる事態が起きています。それは、缶やペットボトルなどの資源ゴミの急増です。収集する施設では、年末にはあふれてしまうのではないかとの心配の声があ

続きをオリジナルサイトで見る