終戦の年の5月、アメリカ軍の無差別爆撃で約1万人が死亡した横浜大空襲。その記憶を身近に感じてもらおうと、大学生らが爆撃を生き延びた人の当時の動きを地図上で再現しました。 1945年5月、500機以上のB29爆撃機が横浜市を無差別に爆撃し、約1万人が死亡しました。爆撃を受けた東神奈川駅周辺を上空から撮影した写真です...

続きをオリジナルサイトで見る