スケッターは介護業界の人手不足を解消すべく、人と業界をつなぐサービスを展開しています。  介護のお仕事を切り出してマッチングさせる類似サービスは、ほかにもあります。スケッターがそれらと決定的に異なるのは、目指す先の世界が違うということ。  スケッターは、ビジネスの枠組みを超えた社会慣習や価値観の変革を目指しています。  スケッターが掲げる「一億総福祉人構想」とは。  運営企業プラスロボの代表、鈴木に語ってもらいました。(インタビュアー:加登伶) 誰もが誰かに助けられ、誰かを助ける社会 ――介護に限らずどこの業界も人手不足になり、近年は単発アルバイトや日払いのお仕事を

続きをオリジナルサイトで見る