横浜市教育委員会は4月から、全ての市立学校の教職員を対象にフレックスタイム制度を本格導入する。働き方改革の一環で2017年度から毎年、改善しながら試行を重ねてきており、育児期の教職員などからニーズ

続きをオリジナルサイトで見る