本日も大変お疲れ様でございます。 ニューノーマルにおけるお葬式のかたちの変化をそろそろ提案しなくてはと考えております。 まだまだ試行錯誤すると思いますが、今のところの提案=今回はダイジェストとなります。 間違えないでいただきたいのは、この度のパンデミックでお葬式のカタチは大きく様変わりしたということはありません。 どちらかと言えば、「加速した」という表現の方が近いと思います。 このたびのコロナ禍、以前から、小規模化、簡素化は始まっておりました。 さて、まずは当然ですが「変わった」代表格は日常的に「変わった」ことと同じです。


続きをオリジナルサイトで見る