=====================================

一粒万倍(いちりゅうまんばい)とは、

一粒の籾が万倍にも実る稲穂になる

という意味。

何事を始めるにも良い日ともされ、

仕事始め、開店、出店、お金を出すことに

吉であるとされる。

一粒のヒントやアイデアが

あなたの運を万倍にする。

ビジネス評論家石塚 毅の

ビジネス系開運コラム。

=====================================


4月1日は多くの会社や大学で

入社式や入学式が開催されました。

今週はほとんどの小学中学高等学校の

入学式がありますよね。おめでとうございます。

 

1、 宅配ピザはホントになくなるの?

 

3年前のテレビ東京「ガイアの夜明け」では

従業員が集まらず、店長が自ら配達まで

している宅配ピザ業態を特集していました。

人手不足によって、宅配ピザのビジネスモデル

が消えるかもしれない!というストーリーでした。

2021年のいま、宅配率を下げ、テイクアウト

割引をし、できあがり時間をスマホで知らせる

ようになっています。宅配ピザ業態はDXで

少しづつシフトして店舗は少人数運営化に

取り組んでいます。

 

2、人手不足は企業格差ではなく3K格差

 

採用求人をやっているのでわかるのですが

求人数は一部サービス業では落ち込むものの

製造業を筆頭に全体では求人数が多いのです。

労働人口の減少というより、むしろ日本人が

やりたくない仕事が人手不足なのです。

わかりやすい現業系の仕事だけではなく、事務

職やIT系にもそれが広がっている方が問題

なのです。

3K(きつい、汚い、危険)4K(暗い)のうち、

1つでも該当したら、採用は難しくなります。

今のうちに手を打たないと、将来が大変!

意外な業界が実は危なかったりしています。

 

3.優秀人材の人数で勝負が決まる

 

人手不足とみんなごっちゃにしていますが、

優秀人材の採用は、この破壊的な環境変化

の時代に、絶対に必要になります。

社長以外にその会社内の優秀人材が何人

いるのかを数えると、その会社がこれからも継続

できるのか、できないのか、よくよくわかります。

目安は社員数の1割。

これを下回ったらもう赤信号だと思ってください。

コロナ禍だからこそ、優秀な人材を獲得することの

優先順位を上げなくていけないのですが・・・。

DXがなかなか進まないのも、社長以外でこれを

取り仕切れる優秀人材が社内にいないから、と

よく聞きます。

ワントップの社長は苦悩と疲弊で見るからにシンドイ!

この反面教師でベンチャー新興勢はスタートから

経営チームを組んでますよね。

「優秀な人材をとにかく集めよ。仕事はそれに付いてくる。」

とはリクルートの創業者の名言です。

 

(了)


石塚 毅(いしづか たけし)

1970年生まれ。ビジネス評論家。担当実績7,000社、相談実績15,000人に

裏付けされた企業経営・ビジネスモデル・社風・人材の情報通で博覧強記。

話がおもしろい!と評判。

ご質問・ご相談などはこちらまで。

ishizuka@keiei-c.jp