新型コロナウイルス感染拡大の影響で、神奈川県内で輸血用血液が不足する危機的状況が続いている。街頭献血の実施会場限定で献血者数が減少している一方、手術再開に伴う輸血需要急増が深刻さに拍車を掛けている

続きをオリジナルサイトで見る