「持続化給付金」で業務委託された団体が事業費の大半を電通に再委託した問題を受けて経済産業省は「中間検査」を行い、手続きなどで一部、不備があったと発表しました。 新型コロナウイルスで打撃を受けた中小企業などへの「持続化給付金」を巡っては、業務を委託された団体が事業費の大半を電通に再委託し、実態が不透明だと指摘されて...

続きをオリジナルサイトで見る