横浜市は「児童手当の現況届」や「特例給付の現況届」など、市民や事業者が提出する申請書のうち、5079件の手続きについて押印・署名を廃止する方針を決めた。一部ではすでに廃止した手続きもあり、順次取り

続きをオリジナルサイトで見る