コロナ禍で子どもの外遊びの機会が減る中、たくさんの遊び道具を運んでくる「プレーカー」の人気が高まっている。常駐の大人が見守るなか、ベーゴマで遊んだり、たき火を楽しんだり。東京都世田谷区で10年以上

続きをオリジナルサイトで見る