Wa~大田区の話・輪・和

2018.12.11

代表
渡辺 瑞季

Mizuki Watanabe

[久が原]

大好きな大田区に、誰が来てもホッとできる場を

ただいま絶賛子育て中!の、子育てママコミュニティー「Chatty+」を立ち上げた渡辺瑞季さんにインタビューしました。(以下MIZUKIさん)

2年間アメリカで働き、川崎市にお住まいだった時期もありますが、実は生まれも育ちも大田区のMIZUKIさん。結婚後に生まれ育った大田区へ戻ってきて、妊娠・出産。お子さんが保育園の待機児童になり、幼稚園にしか入れなかったことをきっかけに「フリーランス」という働き方を選択しました。現在では子育てに理解のある企業での就業と、「Chatty+」で活躍されています。

以前は、今はなき大田区の子育て支援サイト「おおた子育てナビ」にてボランティアとして編集やライティングを担当。大田区の子育てママたちに向けて育児情報を発信してきました。その時の経験と多くの人たちとの出会いが「自分は良くも悪くも大田区民である」「大田区で母親をしている」ことを意識するきっかけとなり「仕事に対する意識が変化していった」とMIZUKIさん。

働きたいけど働けない。お母さんがやりたいことをやれない社会をどうにかしたい。その思いが「Chatty+」の原点となっています。

「Chatty+」では誰が来てもホッとできる場を提供されています。MCS認定マザーズティーチャーのMIZUKIさんとイキワクママプロデューサーのTAKAKOさんが温かく迎えてくれます。

サークルではなく心地よくつながれる「場」を提供する「Chatty+」ですが、なんといってもママ同士の「おしゃべり」が座談会の賜物。ママひとりひとりとしっかり関わり、「おしゃべり」をしていくことで、モヤモヤした気持ちがアウトプットされ、解消につながっていくと話してくれました。

参加したママ同士の「おしゃべり」で生まれる、発見や気づきが、対話の可能性と醍醐味です。「Chatty+」でモヤモヤした気持ちから後ろ向きになりがちな育児の時間をアウトプットしてみませんか?

Chatty+(チャッティープラス)

育児・キャリア・家族関係・人生、、、さまざまなテーマについて、モヤモヤを持ち寄ったママ同士の「おしゃべり」。Chatty+は自分と向き合うワークやコーチングのエッセンスを加えた座談会を通して、あなたのモヤモヤの解決やそのヒントとなる「気付き」を提供します。

代表:渡辺 瑞季(ワタナベ ミズキ)

HP:
https://chatty-plus.localinfo.jp/

Facebook : https://www.facebook.com/chattyplusforalllocalmoms/

Chatty+のWebサイト