内田 翔大さん(蒲田)

KOSHIKI事業部 代表

内田 翔大

Uchida Shouta

蒲田

濃い街蒲田、好きな街

- 大田区にはいつからお住まいですか?
僕が7歳の時に、父の実家の前に引っ越して来て以来、20年以上蒲田からすぐの仲六郷に住んでいます。
- 住んでみて良かったと思う点を教えてください
子供の頃は、正直蒲田という街が少し汚くて、当時は不良みたいな人も多くて怖い印象でした(笑) 高校生になるぐらいからは、交通の便が良くて思ったより都会なんだと、蒲田の広さに気付かされました。 大人になった今では、とにかく居酒屋が多いので毎週のように蒲田で飲み歩いています。
- おすすめのお店を紹介してください
本当にたくさんあって紹介しきれないのですが、まず蒲田というとラーメン激戦区で、特に家系のラーメン屋が多いんです。その中でもJR蒲田駅西口の「吟太」というラーメン屋は、お店がある工学院通りの中でも老舗の家系ラーメン屋で、1杯500円といこともあり学生時代からよく行かせてもらってます。飲み明けで食べると背徳感もすごいですが、とにかく美味しいです。 居酒屋だと最近は京急蒲田の「串屋横丁」によくお邪魔させてもらっています。ここのジャーマンポテトが美味しくて多い時だと週2日行くこともあったりします。 あとは蒲田というと、やっぱり「鳥万」が有名ですね。ここの1階のカウンターに座れることは蒲田民のステータスだなんて父が言っていました(笑)
- おすすめのイベントやスポットはありますか?
年に一度、2日間にかけて蒲田全体で行われる「蒲田元気大作戦」という “はしご酒” のイベントがあるのですが、このイベントは蒲田の西口東口の約70店舗の居酒屋が参加するとても大きなイベントです。以前知り合いと遊びに行った時は10店舗以上はしごしてしまい、酩酊状態になりましたね(笑) おすすめスポットでいうと、桜シーズンの今だと多摩川沿いの土手はとても桜が綺麗ですね。特にガス橋の付近はこの時期お花見で賑わっていますし、僕自身も例年友人と花見に行っています。
- 何か地域活動に参加していますか?
地域活動というと少し違うのかもしれませんが、僕は仕事で大田区に根ざした広告制作をさせていただいています。仕事の中で大田区の会社さんや店舗さんのプロモーションのお手伝いを広告という形でさせていただくことで、もっと大田区が賑わってくれたらと日々考えながら仕事に取り組んでいます。
- 大田区で強く残っている思い出を教えてください。
まだまだ最近の出来事ですが、京急線の高架化工事は雑色に住んでいる僕からしたら、日々変わっていく様を見ていたのでとても思い出深いです。開かずの踏切なんて言われていた地元雑色の踏切が高架化され、それに伴いどんどん街も綺麗になり店舗も増えていく様子を見ていると、昔の雑色が懐かしく感じますね。
- 好きなところ、改善してほしいところを教えてください
こうやってお話させていただくと、大人になるにつれ蒲田の魅力に惹かれていったような気がします。居酒屋が多いこと、交通の便が良いことなど大人にしか分からないような魅力が蒲田の好きなところですね。 改善してほしいところはないです(笑)
- 今後、どんな区になってほしいですか?
今、羽田空港では跡地再開発を2020年に向け行われています。日本の玄関口である羽田空港の側の大田区が、これからますます注目され国際都市として発展していったらと思います。
株式会社ワンバイワンステイション KOSHIKI事業部のInformation

東京都大田区蒲田1-26-16 ビィアーレ16-102

チラシやポスター、名刺といった紙媒体のデザイン制作から、ホームページの制作と様々な広告を制作しています。平面のデザイン制作ならお任せください。
KOSHIKI事業部は大田区専門の事業部です。お気軽にご相談ください。

電話:080-5099-0383(内田直通)
メール:s.uchida@one-by-one.jp

株式会社ワンバイワンステイション KOSHIKI事業部のホームページ