御嶽山「岡部材木店」年末の風物詩

2019.12.30

御嶽山にある岡部材木店(大田区北嶺町)では、
年末になると材木に来年の干支を描いたものを飾っています。

なんとこの行事は、かれこれ30年続いているというから驚きです。
昔はラワンという窓枠や、階段などに使う材木に絵を刷っていたそうですが、ラワンの需要低下に伴い、最近は赤松のタル木に干支を描いているそうです。

この赤松のタル木とは、家の天井や壁の下地になる材木だそうですよ。

2020年は子年、皆さん良い年をお迎えください。

記者:大曽根 桃子