Interview

株式会社三慶 あい訪問看護

横地 利奈

Yokoji Rina

大田区全般

自由な働き方で自主性を重視しているのは
スタッフを信頼しているからです

なぜ、訪問看護の世界に入ったか

横地さんは、ずっと医療の世界で仕事をされていたわけではないですよね。

そうなんです。最初は都市銀行に勤めておりました。次に保険の世界に入り、その後、結婚・出産という道を辿り、オフィス・コーヒーの営業販売をやった後に訪問看護の会社を始めたという経緯になります。

また、どうしてそれまでのキャリアとは無縁の訪問看護の道に入られたのですか。

きっかけは、私の母が喘息の治療で自宅と病院を行ったり来たりするのを目の当たりにしていたからなんです。以前は長期間の入院ができたのですが、年々、診療報酬が改定され、医療のシステムが変化するにつれ、どんどん入院日数が減らされてきました。
救急車で運ばれても点滴が外れたら早めに自宅に帰るように促されてしまい、状態が不安定なまま帰宅をするので、又、次の日救急車で運ばれるというような状況でした。

それほど病状が安定していない患者でも入院ができないんですね。

一度、夜勤の先生に、家に帰ってもすぐに発作を起こし病院へ戻ってくるので一泊させて欲しいとお願いしたのですが、厳しい事を言われ、渋々母を連れて帰宅したこともあります。

それは患者や家族にとっては厳しすぎますね。

本当にそう思います。このような医療システムでは患者様ご本人様やご家族様にも精神面でも大変な負担がかかると考え、自宅でしっかりと看護をしてもらえる社会資源を探しておりました所『訪問看護』というサービスを知りました。それならば!自分のように介護するにはまだ年齢的には若干早い働き世代のご家族様のサポートもしたい!と思い新規事業を立ち上げました。

なるほど。とにかく国は医療費削減の観点から、長期入院がシステム上できないような制度改正を繰り返していますからね。

スタッフの求人は常に行う

看護師さんの確保は常に大きな課題だと思いますが現状はいかがですか。

うちは大手さんとは違ったアットホームな雰囲気づくり、風通しの良い職場をを心掛けておりますので、以前に病院の病棟勤務だった看護師さんが、じっくりと利用者様と向き合える訪問看護にチャレンジしてみたいと応募してきてくれるケースは結構ありますね。

それはいいですね。採用の際の留意点は?

採用で最も大切にしていることは、訪問看護への想い、覚悟です。訪問看護への憧れや理想だけではやっていけない部分が往々にしてありますし、訪問看護は時間の融通が利く、短時間で稼げるという理由だけでは厳しいですね。勿論お子様の学校行事など考慮致しますが、その理由だけで訪問を続けていくことは難しいんです。

想い、覚悟ですか。確かに生半可な気持ちではできない仕事だと思います。人の最期を見とどけるという場面にも遭遇するわけですからね。

想いや覚悟がある看護師さんは表情に現れますし面接時に伝わってきます。そういう看護師さんは心のこもった良い看護を利用者様に提供してくれますし不満も言わず楽しく働いてくれます。私は愚痴はOKだが不満は無しと面接時に伝えるようにしております。不満を言う方は何に対しても不満なんです。愚痴に関してですが、女性は言えばスッキリするのでOKなんです。

なるほど。それはわかるような気がします(笑)。訪問看護の場合は24時間体制が義務付けられているのですか?

それは申請制となります。

看護師の求人はどのような頻度でやられていますか。

もう、ずっとです。常に募集はかけています。毎年の事ですが、年末に近付くほど利用者様は増えていきますので、受け入れられる枠が無くなってきます。『依頼はお断りしない!』を開設当初から掲げておりますので今でも365日大募集です。

利用者さんからは、いろいろな「お困り」を持ち込まれると思います。看護師さんはじめ、理学療法士さんや作業療法士さんなども対応が大変ですよね。

いえ、それほどでもないと思います。スタッフからの愚痴はあまり聞かないですね。もちろんゼロではないですが、40代中心の年齢的にもメンタルが強いベテラン看護師が多いので、困難事例にも上手に対応してくれていると信じています。

それは心強いですね。

スタッフには本当に恵まれていると思います。

利用者さんは、どのようなルートで紹介されるのですか。

有難い事に9割がたケアマネージャーさんからのご紹介です。要介護の方が多いです。疾患と致しましては癌の方、脳梗塞、難病の方、糖尿病の方、様々です。

リハビリスタッフと連携し利用者様の生活の質を向上させてあげられるように、日々スタッフ一同頑張っております。

タブレットを導入した理由

今は何人の体制でお仕事をされているのですか。

看護師が6名、リハスタッフが6名、計12名体制ですね。

最近はこの業界にも大手の参入が目立つようになってきましたよね。

確かに大手の進出は多くなってきました。ただ、うちにはうちの良さがあって、アットホームで、自由な働き方が特徴なんです。タブレットの端末を一人ひとりに渡しておりますので直行も直帰もOKですし、杓子定規な上司もいません。何といっても管理されることもすることも嫌いな私が経営者なので(笑)
仕事に関してですが、自由ですが個々それぞれ責任は勿論あります。スタッフ同士は仲が良く思いやりに溢れた職場ですので困難事例のご利用者様は皆で共用しフォローし合っております。管理者、主任の同行訪問も必要時に行っております。
新しい看護師さんにはご本人の不安が解消するまで同行訪問などで訪問看護師として独り立ちできるようにサポートしております。

自由さと電子化が非常に密接につながっているんですね。

今年の4月までは、記録は紙だったんです。複写式の紙で1枚は事務所で保管、もう1枚はご利用者様にお渡し という従来型の形を取っておりました。ただ、そのやり方ですと緊急訪問の際に以前の状態が把握出来ないなどの理由で対応に窮することがありました。タブレット導入後は急に訪問を依頼されたご利用者様に対しても、スムーズな対応が可能になりました。

今、この世界ではどんどんタブレット導入が進んでいるのでしょうか?。

いえ、私の知る限りでは訪問看護ステーションでタブレットを取り入れているのは全体の2割程だと聞いております。

タブレットはみなさん日常的に持ち歩いているんですか?

はい。一人1台支給しております。訪問の空き時間は計画書や報告書の作成などに充てていると思います。きちんと仕事をしていただければステーションに戻って来なくても良しとしております。スタッフを信頼していますので。

朝礼などはありますか?

今現在は行っておりません。オープン当初は毎朝30分実施したこともあったのですが、有難い事にご利用者様が段々と増え9時からの訪問も入ってきてしまいましたので、朝礼ではなく週1回お昼の時間帯にステーション内のカンファレンスに切り替えました。
直行希望のスタッフには勿論許可しておりますので、ギリギリまで家事などをこなして訪問しているようです。スタッフは 「直行も直帰もOKなので大変助かってます!」と喜んでくれております。ワーキングマザーは朝の15分、30分は本当に貴重なんです。

なるほど。大手とは一味違う訪問看護の最前線にいらっしゃる感じですね。本日はありがとうございました。

株式会社三慶 あい訪問看護のInformation

〒146-0093 東京都大田区矢口2-28-15 吉田ビル203
TEL 03-5732-5150 / FAX 03-5732-5170

あい訪問看護で一緒に働きませんか!

■正社員→ 詳しくはこちら
■パート・アルバイト→ 詳しくはこちら