大田区民で作る地域密着の狭域メディア

top > 大田区 > お知らせ > 詳細

【プレスリリース】名作展「旅行く心 龍子が描いた日本の風景」~龍子記念館は6月2日から再開します~

更新日:2020年6月1日

日時
令和2年6月2日(火曜日)〜令和2年8月23日(日曜日)
午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで)

場所
大田区立龍子記念館(大田区中央4-2-1)

(内容)
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月から臨時休館が続いていましたが、6月2日から感染防止の対策を講じた上、龍子記念館を再開します。同日から、名作展「旅行く心 龍子が描いた日本の風景」を開催します。会期は8月23日まで延長する予定です。
(感染拡大防止のため会期は変更になる可能性があります。)

本展では、戦後の龍子の制作を特徴づける「画道遍路」から生み出された、西国巡礼から《長谷寺》、《清水寺》(1959年)、坂東巡礼から《大谷石仏》、《榛名社頭》(1962年)等を出品。そして、和歌山の熊野川を表した《筏流し》(1959年)や、第二の故郷と親しんだ修善寺から富士を望んだ《寝釈迦》(1954年)といった大画面の風景画を紹介します。44点の作品や資料を出品予定です。
日本画家・川端龍子(1885-1966)は、戦後、「それまであまり手がけなかった風景画の方面に熟達したい」という思いから、四国遍路の旅におもむきました。その旅路の中で、たとえ四国八十八ヶ所を巡り終えたとしても、自らの「画道遍路」は果てしがなく、「おそらく死ぬまで終りを知らぬ旅がつづいている」ことを悟ったと龍子は言っています。そして、四国遍路を打ち終えると、西国三十三所、坂東三十三観音の巡礼に画家は旅立ちました。いわば、旅行く心は、戦後の龍子の画道追究における原動力であったのです。

龍子が「画道遍路」の中で生み出した風景画を通じて、記念館にいながらにして日本各地の名所や史跡を楽しむことができます。ぜひ取材にお越しください。

【入館料】
大人200円、小中学生100円 
65歳以上(要証明)、6歳未満は無料

問合先
大田区立龍子記念館 電話:03-3772-0680

チラシ:名作展「旅行く心 龍子が描いた日本の風景」
名作展「旅行く心 龍子が描いた日本の風景」

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで
PR CRO(全国共有不動産活用支援機構)

新着記事

歌舞伎町ハシゴで感染、家族にうつり…女性が今思うことは(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース
ニュース 7/11(土)
3歳児死亡 母親「早く帰りたかったが、飛行機取れず」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
ニュース 7/11(土)
【開店】から揚げの天才 雑色店 | 開店閉店.com
ニュース 7/11(土)
【閉店】キリンシティプラスウィングキッチン京急蒲田店 | 開店閉店.com
閉店 7/10(金)
【閉店】キリンシティ大森店 | 開店閉店.com
閉店 7/10(金)
尾木ママ 3歳女児のネグレクト死に「お役所仕事の限界」 どうすればいいか「子どもでもわかります」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
ニュース 7/10(金)
「感触が心地良かった」女性の胸を狙い男が体当たり(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース
ニュース 7/10(金)
20代から30代が全体の8割近く・・・東京で243人感染確認(20/07/10)
ニュース 7/10(金)

もっと見る

連載コラム

一級葬祭ディレクター小林大悟の『知らなきゃ損する』葬儀の話
7/9(木) 更新 new
毎週火曜連載|ビジネス評論家 石塚 毅の一粒万倍
7/7(火) 更新 new
人生をユタカにするお金のトリセツ|認定NPO金融知力普及協会 事務局長 鈴木達郎
7/6(月) 更新 new
職業、成婚請負人 [婚活コンシェルジュ 高木ゆうこ]
7/8(水) 更新 new
腰博士|整形外科医 吉原 潔
7/7(火) 更新 new
医療・健康コラム(東京都済生会中央病院 監修)
5/30(土) 更新
起業家コラム|株式会社プラスロボ 代表取締役 鈴木亮平
6/22(月) 更新