大田区民で作る地域密着の狭域メディア

top > 大田区 > お知らせ > 詳細

【プレスリリース】コロナ禍でも待ったなし!誰1人も取り残さない‼ 5名(4か国)の在住外国人が防災訓練に参加

2020/11/16(月)

更新日:2020年11月16日

日時
令和2年11月15日(日曜日)9時〜12時

場所
大田区立志茂田小学校(西六郷1-4-2)

【内容】
令和2年11月15日(日曜日)、国際都市おおた大使(愛称:「(注釈1)来〜る(クール)大田区大使」)に委嘱された外国籍の大使たちが、「大田区総合防災訓練(風水害編)」に参加しました。
 大田区では、令和元年度の台風19号を契機に、令和2年4月から、多摩川沿いの一部の施設を除き、震災時に活用する小中学校などを水害時緊急避難場所として開設することになりました。
今回行われた防災訓練で、大使たちは危機が迫った際に最善の行動をするための基礎知識を身に付け、避難者役として新型コロナウイルス感染症の影響下において、検温や消毒を行う等の受付方法や避難経路を確認し、訓練後の振り返りを行いました。 参加した大使には、防災に関する情報を広く発信していただくとともに、外国人の視点からさまざまな気付きや意見をいただき、今後、外国人を受け入れるための課題抽出に活かしていくことになりました。外国人区民も地域の中で安心して暮らせる、誰一人も取り残さないまちづくりを推進するため、今後も「国際都市おおた大使」の活躍が期待されています。
母国で防災訓練の経験が全くないグェン・タン・ドンさん(出身国ベトナム)は、「町会や学校等、地域全体が一丸となって災害に備えているのは素晴らしいことだと思う。自分の身を守る行動を取りながら、周りの方々にも声かけを行いたい。」と述べていました。また、日本在住歴3年目のギルバート・ワトソンさん(出身国アメリカ)は、「今日参加して防災訓練の大切さをさらに実感し、大変勉強になった。皆さんが片言でも英語で話して案内してくれてとても助かった。」と話していました。

(注釈1)「来〜る」は、「クール(Cool:かっこいい)」と「来る(大田区に来てね)」をかけています。

【国際都市おおた大使】
区のPRをはじめ、国際交流・多文化共生・観光・文化・スポーツ・産業・教育といった幅広い分野で協力していただくため、大田区在住在勤在学の一般外国人を区が任命委嘱しているものです。

訓練での受付の様子の写真
訓練での受付の様子

振り返りの様子の写真
振り返りの様子

プレスリリース内容に関するお問い合わせ

国際都市・多文化共生推進課
電話:03-5744-1227

お問い合わせ

 広聴広報課 
 電話:03-5744-1132 
 FAX :03-5744-1503
 メールによるお問い合わせ

本文ここまで
PR 伝えきれない想いを届けます「つたえびと」

新着記事

〈座談会〉そこが知りたい!withコロナ時代の新しい介護【1. 事例報告から得られた対処法・教訓】
動画 12/3(木)
〈講演〉施設内感染を防止するための注意点
動画 12/3(木)
〈座談会〉そこが知りたい!withコロナ時代の新しい介護【2-②. 質疑応答 認知症の方への対応】
動画 12/3(木)
〈座談会〉そこが知りたい!withコロナ時代の新しい介護【3. まとめ】
動画 12/3(木)
〈座談会〉そこが知りたい!withコロナ時代の新しい介護【2-③. 質疑応答 職員不足への対応】
動画 12/3(木)
〈座談会〉そこが知りたい!withコロナ時代の新しい介護【2-①. 質疑応答 初動対応】
動画 12/3(木)
「第46回大田区しょうがい者文化展」
動画 12/2(水)
はねぴょんとボッチャをやってみよう
動画 12/2(水)

もっと見る

連載企画

毎週火曜連載|ビジネス評論家 石塚 毅の一粒万倍
11/30(月) 更新 new
腰博士|整形外科医 吉原 潔
10/8(木) 更新
職業、成婚請負人 [婚活コンシェルジュ 高木ゆうこ]
11/27(金) 更新 new
人生をユタカにするお金のトリセツ|認定NPO金融知力普及協会 事務局長 鈴木達郎
7/6(月) 更新
【対談】ニッポン未来予想図~After COVID~
11/7(土) 更新
起業家コラム|株式会社プラスロボ 代表取締役 鈴木亮平
10/20(火) 更新
医療・健康コラム(東京都済生会中央病院 監修)
11/26(木) 更新 new
一級葬祭ディレクター小林大悟の『知らなきゃ損する』葬儀の話
11/10(火) 更新

おすすめリンク

日刊スゴい人!
あなたが知らないスゴい!を紹介するメディア。あの有名人も登場!
区民ニュースTV
区民ニュース動画配信はじめました。