明治神宮外苑地区の再開発計画を巡り、東京都環境影響評価審議会の部会が開かれ、事業者側は工事に伴う樹木の伐採本数を当初の予定から約4割減らすことができると説明しました。
治神宮外苑地区の再開発計画を巡っては、今年5月の審議会の部会で、専門家から「伐採本数の根拠が理解できない」「データに基づいた説明が必要である」など...

続きをオリジナルサイトで見る