木密地域の防災まちづくりを推進するためには「どのくらい危険なの?」「どのように整備すればいいの?」「本当に効果はあるの?」といった基本情報を共有することが必要です。木密地域の危険性や市街地改善の効果を科学的に評価し、効果的かつ効率的な整備手法について、関係者間(地域住民・事業者・自治体)で情報を共有し、理解を深め...

続きをオリジナルサイトで見る