多摩区菅で、鎌倉時代から農業を営む農家で、地域特産物マイスターの高橋孝次さん(88・高ははしごだか)が10月1日、川崎の伝統野菜「のらぼう菜」栽培のコツと、自らの人生を綴った書籍「のらぼう菜 太茎多収のコツ」を発行した。

続きをオリジナルサイトで見る