【救護班要員主事基礎研修Ⅰを実施しました】
「救護班の主事」は、災害時に医師・看護師と共に被災地に派遣され、班の庶務的役割を遂行します。
参加した職員は「災害現場では臨機応変に、主事として柔軟性をもって対応することが重要だと感じた」と話しました。本研修は6月と7月にわけて実施します。
0 3 14 ('22/06/30 17:06 時点)

続きをTwitterで見る