「政党の圧力で変えると禍根を残す」「日本学術会議への介入のようだ」「政府、与党の意見で変わるのでは存在意義が問われる」という声が上がった。委員の1人は取材に「(発言した委員の)大半は、法制審の独立性を重視すべきだという趣旨の発言をした」と証言する。
nordot.app
自民党本部に響く怒声 離婚後の「親権」を巡る専門家会議の試案、議員の“横やり”で急きょ延期 | 47NEWS
0 0 7 ('22/10/06 11:46 時点)

続きをTwitterで見る