「マリー・ローランサン ―時代をうつす眼」がアーティゾン美術館(東京・京橋)であす9日から開催されます。
性画家が活躍することが容易ではなかった20世紀前半に、独自の画風を展開し、確かな足跡を残したマリー・ローランサン(

続きをオリジナルサイトで見る