一昨年、狩野探幽の息子、狩野探信守政(かのうたんしんもりまさ)が描いた屏風が発見されました。今まで狩野探信守政の掛軸などの発見はありましたが、大作の屏風はほとんど目にすることはありません。現在、この大変貴重な屏風は、足立区の名家より寄贈され、足立区郷土博物館に所蔵しています。この屏風の魅力とは?そして、今まで貴重...

続きをオリジナルサイトで見る