「誰か! 早く!」
下町の住宅街に女性の悲鳴が響き渡ったのは、“ステイホーム週間”真っ只中の5月4日20時頃。
35年の古びたアパートの玄関先には、血まみれになった男性の姿があった――。

続きをオリジナルサイトで見る